自分の道に迷いが生じたら電話で占ってもらいましょう

電話占いが当たり過ぎてるとちょっと怖い

占い師が精神を集中させているイメージ イラスト

先日、中学校の同窓会がありました。卒業以来の人がほとんどだったので、とても懐かしく昔話に花が咲きました。そのとき、仲の良かった女の子が私の結婚して変わった今の名字を知って悲鳴あげました。

わけがわからず「どうしたの?」と聞くと、中学の時流行ってた占いで、私の将来の名字がそれだと言うのです。私はその占いのことはよく覚えています。

文字盤とコインを使ってやる占いで、毎日放課後教室でやってました。けれど、私の将来の名字のことは全く覚えがありません。

中学生の時の占いの結果通りの結婚

けど、友人はまちがいなくその名字だったと言うのです。つまり私は、中学生の時の占いの結果通りの結婚をしたということです。

びっくりと言うか、予知されてたのかとなんだか薄気味悪いような気持ちでした。その時、いつも同じメンバーで占いをやっていたので、他のメンバーはどうなんだろうと気になり、連絡をとってみました。

すると、ひとりだけその名字の人と結婚はしなかったけど恋人だった時期があると言う子がいました。結婚したのは私だけのようですが、こんなことってあるんですね。

私は正直信じていませんでした

実はその占いしてたとき、私は正直信じていませんでした。面白半分、ゲーム感覚でやってたものです。そもそも根本的に占いって信じない方なんですが、こんなことがあると信じるようになりますね。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー